(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
カテゴリ:脳内連続小説( 15 )
ニャンピース9
まさかの大提督登場のピンチを潜り抜け、ブリテン海賊を掃討する事に。
目指すは敵旗艦の大型ガレー!

さっさと終わらせたいのに大風呂敷広げちゃってこの話終われんの!?

続きを読む
by eliphas_s | 2013-06-30 19:43 | 脳内連続小説
ニャンピース8
人質救出劇がまさかの展開!
大ピンチに次ぐ大ピンチ。
ここで冒険が終わるんじゃねえのかってほどのラスボスが現れた!

どうする!?どうなるの!?
いまだにグランドラインに入ってないよ!?


ニャンピース!

続きを読む
by eliphas_s | 2013-06-18 23:57 | 脳内連続小説
ニャンピース7
敵さんの間を掻い潜りガレーに取り付いたエリファス。
こざるの孤軍奮闘で船の奪取に成功するが・・・。
逆にこちらも奪取されていた!?
どうしたえろふ!お姉ちゃんの運命は!?ぷにこは・・・おいといて。
サーフィーって誰よ!

もう本家どうでもいいんじゃねえかってくらい置いてかれているこの世界もどうする・・・!

ニャンピース!

続きを読む
by eliphas_s | 2013-06-15 17:12 | 脳内連続小説
ニャンピース6
もうね、オープニング思いつかなくなってきたのよ。

富・名声・力
この世の全てを手に入れた男、ゴールド・ロジャー。
彼の死に際に放った一言は、人々を海へ駆り立てた。

「毛がふさふさになる薬をそこに置いてきた」

わんこ「ちょっと俺行って来る!!」

ニャンピース!

・・・。

続きを読む
by eliphas_s | 2013-02-20 21:50 | 脳内連続小説
ニャンピース5
誰かが言った。
ビールが身に詰まった海老、エビール。
フォアグラで出来た土地、フォアグラウンド。

「えるさん、それぱくる作品ちg」

世はグルメじっだぁ~い
未知なる物を探求するじっだぁ~い

ニャンピース!!

続きを読む
by eliphas_s | 2013-02-07 22:10 | 脳内連続小説
ニャンピース4
富・名声・力
この世の全てを手に入れた男、ゴールド・ロジャー。
彼の死に際に放った一言は、人々を海へ駆り立てた。

「ニューヨークへ行きたいかーーーーーーーーーー」

男たちは「偉大なる航路(アメリカ横断)」を目指し夢を追い続ける!

ニャンピース!


 エリファスが弾薬庫の扉を開くと硫黄の臭いがたちこめていた。
 弾薬は引火と湿気を避けるように特別な場所に置いてある。
「えるが屁こいた」
 こざるは鼻をつまんでエリファスを非難する。
 エリファスはくるっとこざるの方を向いた。
「いてぇ」
 即蹴られ、すねをさすっている。

続きを読む
by eliphas_s | 2013-01-09 10:36 | 脳内連続小説
ニャンピース3
富・名声・力
この世の全てを手に入れた男、ゴールド・ロジャー。
彼の死に際に放った一言は、樽男を海へ駆り立てた。

「あ、裸のえびちゃん」

(o・_・o)!←こざる

ニャンピース!

「えるっ、前方にも艦隊が見えた」
 ぷにこが船室の扉を勢い良く開いて飛び込んできた。
 エリファスは机に地図を広げ、地図の上でコインを動かしていた。
 ぷにこに気づいているが、手を止めずにつぶやいた。
「やはり南・・・となると・・・」
 コインを地図上にじゃらじゃらと並べだした。
「何をあそんどるん」
 ぷにこが興味をもち、地図を覗き込む。
 エリファスは邪魔だっという顔を向けるがぷにこは好奇心で一杯のようだ。
「あーこれ、艦隊の動きなんね」
 ぷにこが独り言のように問いかける。
 こういう場合、エリファスが答えを返してくれない事がわかっているからである。
 地図上にコインを置き終え、腕を組んで地図を睨むエリファス。
「ぷにこ、東に艦影はないか」
 地図を睨んだまま問う。
「ちょっとみてくるお」
「いや、俺も行こう」
 ぷにこが椅子からがたっと立ち上がると、エリファスもゆっくり立ち上がった。

続きを読む
by eliphas_s | 2007-12-30 01:42 | 脳内連続小説
ニャンピース2
富・名声・力
この世の全てを手に入れた男、ゴールド・ロジャー。
彼の死に際に放った一言は、人々を海へ駆り立てた。

「あれはいい物だ!」

男たちは「偉大なる航路(グランドライン)」を目指し夢を追い続ける!

・・・マ・クベと間違えた


「とりあえず」
 エリファスはラム酒の栓をきゅぽんと開け、
 ごきゅっとラムを口に含んだ。
 船は首都から南にすこし進んだ所にある列島を過ぎた所に居た。
 はるか昔からポルトーガの領地であり、重要な戦術的要地でもある。
 サトウキビから作る砂糖が主な産業であり、近年銀鉱山が発見された。
「グランドライン入り口へ。全てを無視して偉大なる航路に乗り出すぞ」
 そう言い樽に腰掛けた。
「ま、それで良いでしょうねぃ」
 ALFが賛同する。
「海賊も嵐もぜええんぶ無視だぁああ」
 こざるがそう言いながら水平線の彼方を見た。
 島々の間から広がる海にぽつんぽつんと影が映った。
「ん・・・なんだあれ」

続きを読む
by eliphas_s | 2007-07-16 15:13 | 脳内連続小説
週刊少年ニャンプ
今週のニャンピースは作者大海戦取材のためお休みさせて頂きます。


総集編

ほわぺ「ばかそうじゃない!もっと腕を使うんだ!!」
とも「わかったよおやっさん!!」
ほわぺ「よし!いい火加減だ!最高の飯になるぞ!!!」
とも「あとは秘伝のタレをかけるだけだね!」

ぷにこ「貴方を愛しているの!!」
あんぱん男「・・・ツブアンな俺でもか?」

える「お姉ちゃああああああん」
ありあどね「くらえ巨大化!」
える「ぬおおおおおおおおおおお?」
えろふ「・・・えるさん巨大化させてどうするんですか」
ありあどね「ぺちょ」
えろふ「・・・w」

・・・?w
by eliphas_s | 2007-06-11 11:32 | 脳内連続小説
ニャンピース1
富・名声・力
この世の全てを手に入れた男、海賊王ゴールド・ロジャー。
彼の死に際に放った一言は、人々を海へ駆り立てた。

「俺の財宝か?欲しけりゃくれてやる。
探せ!この世の全てをそこに置いてきた!」

男たちは「偉大なる航路(グランドライン)」を目指し夢を追い続ける!

宇宙世紀ダブルオ・・・・


 雲まだらな青空に昇りつつある太陽。
 その光を受けて水面がまるで輝く絨毯となっていた。
 ある者は未開の地の発見に、ある者は財宝を探し、ある者は新しい交易品を求め・・・
二度と戻れぬかもしれぬ海賊達のうごめく場所へ未来を夢みて船を出した者たち。
 その様々な思いを抱いた者達を乗せ、リスボンの港から出航した船が各々の航路
へ散って行く。
 その船の中の一つに彼らは居た。
「と、とりあえずアドさんを降ろしに戻ります?」
 ALFがエリファスの方に困り顔を向けた。
 エリファスは船首の先の海を見つめたまま、
「いーや、このまま行く」
 ためらわずに言った。

続きを読む
by eliphas_s | 2007-06-04 00:53 | 脳内連続小説