(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
キャプテン・モルガン スパイスドラム
ラベル説明文
キャプテン・モルガンはプエルトリコ産のゴールドラムに、バニラやアプリコットなどのフレーバーを配合したスパイスド・ラムです。適度な甘みと、トロピカル・ムード溢れる香りが楽しめるユニークなラムで、1983年アメリカで発売され、人気を獲得したそうです。

酒名は、1635年頃イギリスに生まれ、カリブ海の海賊の頭目(Captain)となったヘンリー・モルガンの名に因んでいるそうですが、ヘンリー・モルガンは後にイギリスに戻り、1672年にはナイトの称号を贈られているそうなので、海賊とはいうものの、実体は国益に沿った活動をしていた英雄だったといわれています。

彼は、ジャマイカに所有する彼の地所でサトウキビを栽培し、ラム酒の製造を始めたともいわれているそうです。

750ml 35度

ラムは甘いです。
なんせ原料がサトウキビ。
ブランデーはブドウや果実。
糖蜜を発酵、蒸留してラム酒に。
しかし砂糖をとった後に残る糖蜜って甘いのかな?
でもラムが甘いのだから甘いのだろう・・・。

このスパイスドラム、なんまら香りがいいです。
そらバニラ加えてるからいい香りか。
ストレートで飲むのに適してる!
ラムはストレート。
次にカクテル、後はロックかな。
水割りだけはあああああだめだああああああ
薄めると特色薄れてブランデーと変わらなく・・・。

ラムとブランデーは度数の割りに飲みやすいです。
あーラムはダークラムになると飲みづらいかも。
製法によってホワイト・ゴールド・ダークとあります。
ダークラムはこれぞラムって感じ。

調べていると
スペイン・ポルトガル語ではロン (ron)とあった。
ロン!!!
やべえほっぺさんが召喚されそう

次代背景はともかく大航海時代Onlineにある酒を飲みながら
航海して雰囲気を出してみては?
by eliphas_s | 2006-02-09 11:16 | 地球
<< ふむ ちびらぢ。 >>